タイで動画編集を!タイ系YouTuberを始めるならおすすめ編集ソフト6選+おすすめ機材

最終更新日:2021年9月16日 YouTubeが伸びに伸びているタイ YouTube編集の外注をご検討の場合はこちら! 2020年、2021年と世界中でコロナウイルスが拡散され、外出自粛やロックダウン等の政策により自宅での娯楽の需要が高まり、YouTubeやNetflixを見るユーザーが増えたのはご存知かと思います。一方で、見るだけでは足らず芸能人やスポーツ選手、各業界の著名人など多くの人々がYouTubeに参入しました。また、著名人のみならず一般の方々や企業チャンネルの開設も増えています。 タイでも多くの日本人YouTuberが誕生しました。当記事では、今後YouTubeを初めて行く動画初心者の方々におすすめの動画編集ソフト、また機材についても開設いたします。 もくじ タイで動画編集する向けの編集ソフト3選(PC向け) Adobe Premiere Pro https://www.adobe.com/sea/products/premiere.html 動画編集においてはYouTuberが最も使っている編集ソフトではないでしょうか。Adobeは人気のフォトショップやイラスレーター、ライトルームをはじめとしたクリエイター向けのソフトが豊富で、YouTubeのサムネイルを編集するのにもフォトショップを使う方が多いです。(無料版のGIMPも人気です)月額課金制なので編集ソフトだけ買うより他のソフトと併せて買う方がお得になるので人気です。 おすすめポイント 個人的におすすめなポイントはいくつかあるのですが他のソフトより魅力的で使いやすさの観点から話します。   テロップの使いやすさ(デザイン豊富) YouTubeレビューの多さ 他ソフトとの併用 エフェクト テロップの使いやすさは異常です。TVやYouTubeでよく見かけるお洒落なテロップはほとんどがPremier Proで作成されたものかと思います。非常に簡単に作ることができるので動画のアクセントになります。また、YouTube上に編集ソフトの使い方を説明したチュートリアル動画が多くあるので使い方が分からなくても検索すればすぐに使い方がわかります。   また、YouTubeと言えばサムネイルが大事です。そのサムネイル制作に欠かせないのがPhotoshop(フォトショップ)です。こちらもAdobe社が提供しているサービスなので、Premior Proと合わせて購入することで多少割安で買うことができます。   エフェクトに関してはデフォルトで入ってる種類の多さも良いのですが、『Adobe After Effect』という別ソフトが必要にはなるのですが、世の中に出回る映像のエフェクトやアニメーションはこれを用いて作ることが多いです。扱いは難しいのですが非常に汎用性が高く、動画の良いエッセンスを作るのに必要不可欠なソフトです。ただ、動画初心者の方が手を出すと挫折しがちなので、動画の編集のスキルを磨きたいというときに手を出すと良いです。(何度も挑戦し、何度も諦めた筆者) ちょっとな〜…と思うポイント 月額費用が高い(買い取りがない) ある程度ハイスペックPCが必要 月額制のため毎月の支払いが必要であり、年間で約60,000円ほどかかります。タイであれば海賊版もあると聞きますが違法のためおすすめはできません。ただ、年間で高い金額を払うとなると「稼がなきゃ!」といったマインドにもなると思うのでお尻を叩いてくれる唯一のソフトかもしれません。また、学生割引という裏技的な買い方があるのも事実です。そちらについてはこちらのなめらカメラさんの記事をご覧ください。   また、ソフトを扱うにはある程度のスペックが必要です。筆者はマック2017年モデルを使っていましたが問題なく使えるのですが、4Kの映像を編集しようとすると動画がカクツキ編集が難しくなります。2020年以降MACが出しているM1チップ搭載のPC等であれば4Kであれサクサク編集ができますので、もしこれからPCを買う方は参考にしてみてください。 DaVinci Resolve | Blackmagic Design ハリウッド映画やプロの現場でも使われている編集ソフトです。映像美に特化しているので初心者の方が求めている以上の機能が多いのですが、映像を拘りたい方はこちらをおすすめします。 おすすめポイント 無料 映画の様な映像が作れる 動画編集に必要な物が全て入っている 無料です。有料版もあるのですが映像ノイズをなくしたり、特殊なエフェクトを使ったりする人のみが使うのでYouTubeの動画としてであれば不要な機能です。   さらに、このソフトは実際に映画の編集にも使われるソフトなので極めれば映画が作れます。そのくらいの機能が備わっていて無料というところに価値があると思います。これは、ブラックマジック社の社長の想いで「誰でもクリエイターになれる」という考えから来ています。 とはいえ、タイのYouTubeでそこまで映像美を求める人は少ないと思いますが、もし動画を極めていきたいという場合はぜひ使ってみてください。   また、Adobeと異なりソフトがいくつもありません。1つのソフトにエフェクト、動画編集、音編集といった機能が含まれていますので、PCが重くなることもありません。 ちょっとな〜ポイント YouTubeを作る上で重要なテロップを入れる機能が弱いです。タイでYouTubeをやるとなるとタイ語の字幕を動画内に入れることも多かったりすると思いますが、Adobeと比べたときのデザイン性には劣りますし、なんならテキスト編集しているとソフトが落ちることがよくあります。(筆者の経験上かなりの頻度で落ちます…)   ですが、テロップなしであればサクサクっと行けるので個人的にはこちらがおすすめです。(会社として最も使っているソフトです) Final …

タイで動画編集を!タイ系YouTuberを始めるならおすすめ編集ソフト6選+おすすめ機材 Read More »