タイでのSEO対策
タイ語も対策可能です。

タイでのSEO対策をご検討の皆様。
SEO対策豊富な弊社にSEO対策もお任せ下さい。

弊社が行うSEO対策の流れについて

下記の6つの施策を軸にSEO対策を行ってまいります。

(1)サイトの設計

タイでも検索エンジンで上位表示を狙うSEO対策で大事なのは「キーワード調査」から始まります。その理由は以下の3つです。

  • 需要把握:どれくらいの人が記事に関心を持っているのか数値で確認を行う
  • 書くべきコンテンツの把握:記事を書く際にどのキーワードを対策すべきかを知る
  • サイトの設計:階層構造やカテゴリ分けなどのサイトの設計が容易になる

(2)コンテンツSEO

コンテンツSEOとは、検索ユーザーにとって有益な情報を提供する記事系のコンテンツのことを意味します。また、SEO対策で最も重要な対策がコンテンツSEOだと弊社は考えます。理由は、ユーザーが求めているものがそのコンテンツに網羅されており、解決に繋がるからです。

また、グーグルが公式で下記のように明言しています。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

人を引きつける有益なコンテンツを作成すれば、このガイドで取り上げている他のどの要因よりもウェブサイトに影響を与える可能性があります。

コンテンツがユーザーの悩みを解決できる内容であれば、デザインや他のテクニカル要素のSEO対策に関してはあまり重要ではないと言えるかと思います。無論、同じようなコンテンツが複数サイトである場合に関しては他の要素が必要にはなってきます。

(3)クローリング最適化

良質な記事を作成されたとて、グーグルがその記事を見つけてもらわないと何も意味がありません。クローラーに回遊を促すことできちんと記事を認識してもらうための施策を提供いたします。

(4)インデックス最適化

インデックス最適化は、検索エンジンのSEO評価に関しては重要な指標となります。コンテンツが良くても正しくGoogleに認識してもらうためには最低限整えておくべき対策です。ある程度技術的な対策となるので、コンテンツSEOほど重要度は高くはないですが、必ずすべき対策の1つです。

(5)被リンクの獲得

被リンクとは、他のサイトに自社のURLリンクを貼ってもらうことを意味します。無闇に貼るのはブラックハットSEOであるのであくまでも自然に生まれる被リンクが望ましいです。そのための施策としては、SNSや外部露出を行うことが重要となります。

(6)最高のユーザー体験を

こんな経験をしたことはありませんか?

  • ページの読み込み速度が遅い…
  • 必要な情報に辿り着くのが大変…
  • 広告が多い…
  • デザインが崩れている…
  • スマホ対応していない…

これらの経験は少なからずストレスとしてユーザーは感じます。最高のユーザー体験はこうしたストレス無くコンテンツを見ることにあります。

SEO対策に関するよくある質問とその回答

▶︎タイ語の記事も作成できますか?

タイ語記事の作成も可能です。しかしながら、高品質な記事をコンスタントに作成するにはお客様の社内のメンバーでコンテンツを作成することが重要です。外部ライターでは、社内で事業に従事されているスタッフさんとの熱量は異なります。そのため、キーワードの調査等上記に記載さしあげたSEO対策の流れに従ってコンテンツの軸を作成し、コンテンツの肉付けはお客様にご対応いただくのが結果として効率よくSEO対策が可能になります。

▶︎どれくらいの記事本数を公開すべきでしょうか 

SEO対策において、記事数は重要な要素の一つですが、それだけではありません。記事数が多い=SEOに効果が必ずしもあるというわけではありません。重要なのは、「質の高い記事」を公開することです。質の高い記事を公開するためには、以下のことが重要です。

  • キーワード(≒ユーザーの悩み)に適した記事を公開する
  • タイトルやメタデスクリプションを適切に設定する
  • ヘッダータグを適切に使用する
  • イメージや動画などのメディアを使用する

これらの一例の要素を押さえて、質の高い記事を公開し続けることが大切です。あえて本数について記述するのであれば、毎月定期的に公開することが望ましいです。毎日や毎週に公開するのは非常に大変なので、無理のない範囲で月に1回から2回程度でも構いません。まずは書くことが大事です。

▶︎自分でできるSEO対策はありますか?

過去に描いたSEO対策の記事があります。テクニカル中心のないようではありますが、SEOの考え方がわかるかと思いますのでご一読いただければ幸いです。

▶︎初回無料相談

SEO対策に関するご相談は初回無料で承っております。お気軽に下記のお問い合わせよりご連絡ください。