タイで動画編集を!タイ系YouTuberを始めるならおすすめ編集ソフト3選|Adobe Premier Pro, Davinci Resolve, FCPX

YouTubeが伸びに伸びている

YouTube

2020年、世界中でコロナウイルスが拡散され外出自粛や禁止による自宅での娯楽の需要が高まりYouTubeやNetflixを見るユーザーが増えたのはご存知かと思います。一方で、見るだけでは足らず、芸能人やスポーツ選手、各業界の著名人などもYouTubeに「クリエイター」として多くの人々が登場しました。YouTubeは昨年、視聴ユーザーが一気に増えたことによる回線混雑が話題となりこの需要に応えるため画質向上や回線を早くする等対策を講じてきました。

今後は動画の需要が圧倒的に増えていくことが予測されるため、上記の著名人のみならず一般の方々もチャンネルを開設しクリエイティブなコンテンツクリエイターが増えております。

そんな中、タイでも多くの日本人YouTuberが誕生しました。タイのみならずベトナム、インドネシア、シンガポール等周辺国でも日本人在住者によるクリエイターが増えていくのではと思います。

タイでYouTubeを始めるには?

YouTubeをはじめたいけどどうすれば動画撮影や編集がわからない…という方もいらっしゃるかと思いますので、簡単に説明します。

動画の撮影・機材に関して


今この記事を見ている肩の多くはスマートフォンからご覧になられています。動画もスマートフォンで見るひとも多く、高品質な画質というのは経験上求められていないことを知っています。(一部の動画クリエイターやクライアント制作は除きます)そのため当社が使うようなシネマカメラやミラーレスカメラなど初期投資だけで数十万円かかるのはあまりおすすめしません。

今使われているスマートフォンでの撮影で十分かと思います。もちろんスマホの機種によって画質も様々ですが、今タイでユーザーが最も多い(であろう)iphoneは非常に画質が良いです。特にiphone12maxは数年前のミラーレスカメラと同等のスペックです。

 

Iphone 動画撮影スペック情報:https://www.apple.com/jp/iphone-12-pro/specs/より
4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
連続オートフォーカスビデオ
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264 ステレオ録音

スペックについては今のうちは理解する必要はないですがこんな感じならいいんだ〜くらいで覚えておいてもらえるといつか機材を買うときに役立ちます。

CMや映画のようなボケ感のある映像美を求めるとなると今のスマホでは撮影が困難ですのでその際にはミラーレスカメラの購入をおすすめします。タイ・バンコクで購入する際は是非「タイでカメラ機材を買うならおすすめ店舗も参考にしていただけると幸いです3選+EC」をご覧いただければ幸いです。

他にも手ぶれ補正の強いGoProやOsmo Pocketなども充分に使えます。

タイで動画編集する向けの編集ソフト3選(PC向け)

動画撮影を終えれば次に待ってるのは編集。慣れないうちは編集に数時間と費やすことがありますので若干めんどくさいのではあるのですが、動画編集なくして動画は作れませんので頑張ってください。

早速ですがおすすめのソフトを3つ紹介します。

Adobe Premiere Pro

https://www.adobe.com/sea/products/premiere.html

動画編集においてはYouTuberが最も使っている編集ソフトではないでしょうか?Adobeは人気のフォトショップやライトルームをはじめとしたクリエイター向けのソフトが豊富で、YouTubeのサムネイルを編集するのにもフォトショップを使う方が多いです。月額課金制なので編集ソフトだけ買うより他のソフトと併せて買う方がお得になるので人気です。

おすすめポイント

個人的におすすめなポイントはいくつかあるのですが他のソフトより魅力的で使いやすさの観点から話します。

・テロップの使いやすさ

・YouTubeレビューの多さ

・他ソフトとの併用

・エフェクト

 

テロップの使いやすさは異常です。笑

TVやYouTubeでよく見かけるお洒落なテロップはほとんどがPremier Proで作成されたものかとおもいます。非常に簡単に作ることができるので動画のアクセントになります。

また、YouTube上に編集ソフトの使い方を説明したチュートリアル動画が多くあるので使い方が分からなくても検索すればすぐに使い方がわかります。

YouTubeと言えばサムネイルが大事です。AdobeはPremier Proだけで買うと高くつきますがフォトショップも合わせて買うことで安くなり、動画全体を作ることができるのでおすすめします。

 

エフェクトに関しては『After Effect』という別ソフトが必要にはなるのですが、世の中に出回る映像のエフェクトやアニメーションはこれを用いて作れることが多いです。扱いは難しいのですが非常に汎用性が高く、動画の良いエッセンスを作るのに必要不可欠なソフトです。

ちょっとな〜ポイント

月額制のため毎月の支払いが必要であり、年間で約60,000円ほどかかります。タイであれば海賊版もあると聞きますが違法のためおすすめはできません。ただ、年間で高い金額を払うとなると「稼がなきゃ!」といったマインドにもなると思うのでお尻を叩いてくれる唯一のソフトかもしれません。

DaVinci Resolve 17 | Blackmagic Design

ハリウッド映画やプロの現場でも使われている編集ソフトです。映像美に特化しているので初心者の方が求めている以上の機能が多いのですが、映像を拘りたい方はこちらをおすすめします。

おすすめポイント

  • 無料
  • 映画の様な映像が作れる
  • 動画編集に必要な物が全て入っている
まず無料です。有料版もあるのですが映像ノイズをなくしたり、特殊なエフェクトを使ったりする人のみが使うのでYouTuberとしてであれば不要な昨日です。
また、他のソフトでも色の調整は可能ですが、編集の細かさが他のソフトとは圧倒的に違います。細かすぎて把握し切れていないのですがそれでもベーシックな部分はユーザーが感覚的に編集できるようになっており色編集では非常に重宝します。またAdobeは他のソフトも購入しなければなりませんが、ダヴィンチには編集、音声、書き出し、エフェクト全てが1つのソフトに入っており、また編集も軽いのでPCへの負担も少ないです。

ちょっとな〜ポイント

テキスト(テロップ)入れるのが弱いです。タイでYouTubeをやるとなるとタイ語の字幕を動画内に入れることも多かったりすると思いますが、Adobeと比べたときのデザイン性には劣りますし、なんならテキスト編集しているとソフトが落ちることがよくあります。テロップなしであればサクサクっと行けるので個人的にはこちらがおすすめです。(会社として最も使っているソフトです)

Final Cut Pro - Apple

初期投資30,000円を払ってしまえば買い切りのソフトだったのですが、月額課金制になるという情報が入っています。Adobeよりは安ければ問題ありません。

至ってシンプルなソフトウェアであり、YouTuberが必要としている機能はほとんどが備われています。

Final cut proはipad等でも編集ができるので移動中にサクッとできるのは素晴らしいと思います。

終わりに

タイでYouTubeをこれからやっていく皆さんのヒントになれば幸いです。

動画編集でわからないことや相談がありましたらSNS等でぜひ弊社までお問い合わせください。