ウェブマーケティング

【注意】タイでお酒やアルコール飲料をSNSにアップするのは違法

2015年に大きな話題となったタイでのアルコール飲料の広告の事件。タイの3ビッグブランドの1つBeer Changがステマ手法を使ってタイの有名人やインフルエンサーがSNSにビールのロゴが入った画像や動画を投稿したことから話題になった出来事です。タイではアルコール飲料に関しては厳しい規制がありますので、もしタイでアルコールをつかった宣伝を行う際はこの記事をお読みください。 タイのアルコール飲料規制法32項に反する アルコール飲料の写真をSNSに投稿すると5万バーツから50万バーツの罰金を課せられる可能性があるという。 これはアルコール飲料規制法2008の32項に記されているという。 https://ddc.moph.go.th/uploads/ckeditor/c74d97b01eae257e44aa9d5bade97baf/files/lawalc/001_1alc.PDF​ มาตรา ๓๒ หามมิใหผูใดโฆษณาเครื่องดื่มแอลกอฮอลหรือแสดงชื่อหรือเครื่องหมายของ เครื่องดื่มแอลกอฮอลอันเปนการอวดอางสรรพคณหรอชักจูงใจใหผูอื่นดื่มโดยตรงหรือโดยออม การโฆษณาหรือประชาสัมพันธใดๆโดยผูผลิตเครื่องดื่มแอลกอฮอลทุกประเภทใหกระทําได เฉพาะการใหขอมูลขาวสาร และความรูเชิงสรางสรรคสังคม โดยไมมีการปรากฏภาพของสินคาหรือบรรจุภัณฑของเครื่องดื่มแอลกอฮอลนั้น เวนแตเปนการปรากฏของภาพสัญลักษณของเครื่องดื่มแอลกอฮอลหรือสัญลักษณของบริษัทผูผลิตเครื่องดื่มแอลกอฮอลนั้นเทานั้น ทั้งนี้ตามที่กําหนดในกฎกระทรวงบทบัญญัติในวรรคหนึ่งและวรรคสอง มิใหใชบังคับกับการโฆษณาที่มีตนกําเนิด นอกราชอาณาจักร​ × 警告を閉じる 要約すると下記の通りです。 ・お酒の広告やコマーシャルは違法行為 ・アルコール飲料のパッケージやロゴが見えるのも違法行為 ・また、他の人に買わせる、促すことになるような内容も違法行為(直接的または間接的もNG) ・ただし、オーナーに関しては情報の提供等は可能。文字やブランドロゴはOKとされる。  しかし、商品のパッケージの写真掲載は違法 投稿された時期が過去のものであろうと写真にアルコール飲料が含まれているかぎり、当局はいつでも摘発できるようです。これは有名人やインフルエンサーだけでなく我々一般人が投稿するのも違法行為にあたるということですので、タイでインフルエンサーを使ったマーケティングやSNSマーケティングをする際以外にも気をつけなければなりません。 タイはお酒に厳しい国 タイでは、上記の法律以外にも年齢、販売日や時間に規制があります。お酒は20歳以上から購入が可能です。 また、時間帯についてですがお昼前後の11時〜14時および17時〜24時までの間は販売可能時間となっているため、それ以外の時間帯で購入することはできません。例え14時1分だとしてもPOSシステムで管理されているので店員さんが気を利かせて売ってくれることもありません。笑顔でやんわりと断られます。 他にも仏教の日(マカブーチャ等)や選挙前日、当日も禁酒日と制定されお酒の販売が禁止です。 ただし、販売が禁止されているだけであって自宅等でお酒を飲むことは違法ではないです。 コロナ禍も第一派がきた際はお酒の販売が禁止になる時期もありました。そのためとある店主はお酒を売るのではなくお酒を貸すからお金はコロナ後に返すように客に伝えて営業するという一休さんのようにトンチを聞かせた店主もいたりと一時期話題になっていました。 タイに進出している日系の居酒屋や飲食店もインスタグラムやFacebookでの運用をされているところが多いですが、法律に触れないように運用する必要があります。とは言えタイなので立て付け上は厳しく見せているが実際は…といったこともあったりします。ただ、法律に違反するということは認識した上で運用されることを推奨します。

【2021年度版】タイのSNS事情について|SNS利用率や普及率のデータを元に解説

最終更新日:2021年8月6日 タイでSNSマーケティングにご興味の方は既にご存知の方が多いと思いますが、タイでSNSは幅広く普及されおり、タイ人はSNS(Facebook、YouTube、Instagram等)の使用者が多く、大手の企業も中小企業もSNS上での広告予算を確保しています。またソーシャルメディアのみならず、LINEやGoogle(リスティング等)、ウェブサイト等を活用した広告も多いです。 また、コロナの影響により、より一層タイでのデジタルマーケティングは重要な位置付けになっていくと考えられます。レガシーなFace to Faceの営業も無論大事です。しかし、そこにデジタルを掛け合わせることで大きな成果を獲れる可能性が高まります。そのためには、最新のデジタルマーケティングについて学びつつ、タイのデジタルマーケティングにおける重要なプラットフォームについてある程度把握する必要があります。 当記事では、2021年4月現在、Digital Thailand 2021が発表しているデータを元に現状について見ていこうと思います。 目次 タイでSNS利用率について 2021年1月付でHootsuiteという調査会社がまとめた「Digital 2021 Thailand」によると、タイ人の各種SNS利用率は下図のとおり。 Youtube:94.2%(日本74.3%) Facebook:93.3%(日本30.5%) LINE:86.2%(日本69.6%) Instagram:77.1%(日本38.6%) Twitter:57.8%(日本51.5%) TIKTOK:54.8%(日本8.9%) YouTubeとFacebookが16歳〜64歳のインターネットユーザーに最も使われている様です。 日本でもYouTubeやLINEは人気なSNSですが、Twitterが上位3位に入ってきます。しかし、タイでは6位と順位は低いですが、それでも57.8%と使っているユーザーは多いようです。Twitterは匿名で投稿ができるのでFacebookとは違う使い方をしている人が多いのかと思いますが、タイ語のツイッター界隈でバズると瞬く間に数万リツイートに達することもあります。根拠となるデータがないのですが、タイ人は日本人より拡散することに抵抗がなく、いいね!数よりもリツイート数が多い傾向があります。   またTIKTOKですが、2021年度時点でのデータでは54.8%となっていますが、昨年2020年1月付のデータでは36%でした。最も使用率が伸びているSNSはTIKTOKとなります。(下図2020年1月付のデータ)   YouTubeもショート動画というTIKTOKのような数秒程度の短い動画機能を追加し、フィード画面のトップに頻繁に出てくるようになりました。現在の動画トレンドは確実に長い動画より短い動画にあると思います。 タイ人が最も使うソーシャル:Facebook・YouTube タイで最もユーザー数が多いSNSの1つ「フェイスブック」です。当記事冒頭に記載したSNSアクティブユーザー数が55Millionですが、その内9割のユーザーがFacebookをアクティブに使っています。 日本ではフェイスブックはアカウントは持っているもののあまりアクティブユーザーが少ない印象がありますが、タイでFacebookは非常に強力なSNSです。広告も人口に対して84.9%にもリーチができるので新サービス、商品等の認知拡大やファンづくり等には効果が期待できます。 YouTubeはユーザー数は多いのですが、広告がリーチするオーディエンス数となるとFacebookに劣るようですが、それでも37.3Millionものユーザーにリーチが可能です。 Youtubeを運営していてわかりましたが、広告費は日本に比べて約1/3の価格で出せるので広告を打ち始めるのに多くのコストがかかりません。 インスタグラムは16Million、ツイッターは7.35Milliontという数値です。インスタグラムは女性が多く、ツイッターはその逆で男性が多い数値となっています。 タイ人は写真を撮ることが好きな方々が多いので、IG含め他のSNSでも写真や動画といったコンテンツは安定の人気があります。文字より写真、動画です。 2021年タイのインターネットユーザー数 タイの人口は69.88M(M=Million)に対してモバイルコネクション数が90.66M。おそらくですが電話のみもおそらく含まれるのかと思いますので、インターネットは別で記載されてます。インターネットユーザー数は48.59M。人口の約7割がインターネットを使用しています。   アクティブなソーシャルメディアユーザーに関しては55.00Mとインターネットユーザーを超えてます。インターネットユーザー数より多いので1人1アカウント以上を持ってる人がいるということでしょう。ちなみに、2020年からの伸び率で言うと下図となります。 コロナの影響や時代の流れと様々な要因が考えられますがインターネットユーザー、アクティブソーシャルメディアユーザー数が+5.8%と伸びていることがわかります。巣篭もり需要もあり多くの人が家からインターネットを接続していたことも背景にあると推測できます。 タイ人が使うデバイスについて タイ(上)、日本(下)にデバイス毎のデータがあります。スマホの保有率に関しては両国とも大差はありませんが、ノートパソコンやデスクトップの保有率がタイの場合48.5%に対して日本は74.6%です。WEB制作する際にPC画面を優先的に行うのは良いのですが、しっかりとレスポンシブ対応させておく必要はあると思います。SEO観点からもレスポンシブ対応は必須項目です。 またスマートウォッチをつけてるタイ人(バンコクに住む)はかなり多い印象でしたが、数字としても21.9%と日本より高い数字です。スマホでのこまめなやりとりはタイでのビジネスにおいても必須のようです。 タイ人の1日のスマホ平均使用時間について タイ人は1日24時間あるうち平均8時間44分をインターネットに費やしているとのデータです。また、タイ人のSNS平均使用時間は2時間28分の時間を費やしています。果たしてこれは多いのか少ないのかわからないと思うので日本の平均使用時間と比較してみます。個人的な感覚としてはタイ人は常にSNSを触っている印象です。 日本はインターネットの使用時間はタイの半分ほどの4時間25分。また、SNSは1/3ほどの0時間51分です。 その他のサービス(音楽ストリーミングサイトやラジオ、ポッドキャスト、ゲーム時間)においてもタイのが使用時間は長いことがわかります。日本以上にユーザーが多くの時間をSNS等に割いているので、冒頭で申したとおり広告がリーチしやすいことが見えてきます。 タイのLINE普及率(2020年度版) 参照元:Nielsen 6,900万人のモバイルユーザーに対して4,500万人がLINEを使用しているとのデータです。 最近では他のSNS同様LINEで広告を打つこともできるので、選択肢の1つとして持っておくことが必要です。 LINEの平均使用時間 LINEの平均使用時間が63分です。(Nilsen情報) タイ人がスマートフォンを1日で使用する平均時間が216分とNielsenの調査結果では出ていますが、上記で述べているHootsuiteの調査ですと1日のインターネットに費やしている時間は平均8時間44分となっています。スマホと会社でのPCの時間を足したのでしょうか。ここはデータが見つからず恐縮です。 なお、タイでのLINEは友人や仕事との連絡ツールと使用されるだけでなく下記のような使い方もされています。   LINE Today(ニュース) …

【2021年度版】タイのSNS事情について|SNS利用率や普及率のデータを元に解説 Read More »

タイで成功するSNS動画広告・WEB動画広告制作を!事例から学ぶ成功のポイントとは

みなさんご存知の通りタイでもSNSは大変盛んです。Facebookを初め、YouTube、Instagram、Twitter、TikTok、Vimeoなど多くのSNSが普及し、毎日動画広告を見ない日はありません。今後しばらくは動画広告の需要は益々増えていく一方です。 そんな中、動画を使ってうまく集客等していきたいと思ってる一方でこんな悩みもお持ちではないでしょうか? どの媒体に投稿すれば良いのかわからない 媒体・SNSによって何が違うのか? 広告費はどのくらい用意すれば良いのか? どうやって動画作ったら良いのか? そこで、本記事では上記のお悩みを解決できる内容を解説いたします。 タイのSNS事情 まず基本的なタイのSNS事情を把握しましょう。 https://datareportal.com/reports/digitl-2020-thailand より抜粋 2020年のデータです。インターネットユーザー数が5,200万人、その中でSNSをアクティブに使っている人数が5,200万人。インターネットを使っている人は100%SNSを利用しているというデータが上記です。 また、2019年から2020年の1年間でSNS使用率が+4.7%増加となり、年々使用人数が増えていることがわかります。次のデータからはタイ人が1日にインターネットを使用する平均時間およびSNSに使用する時間です。 タイ人は平均2時間55分をSNSに費やします。一方我々日本人は1日36分。約5倍もSNSを使うタイ人です。 インターネットの平均使用時間が約9時間に対して、1/3にあたる約3時間をSNSに費やしているようです。確かに電車内やオフィスでのタイ人のスマホの画面やPCの画面を見るとFacebookやYouTubeが開いてないことのが少ないくらいSNSを使っている印象は受けます。 SNSの中でも最も使用されているのがFacebookそしてYouTube。動画や写真を日頃から見るユーザーが多いことがわかります。InstagramやTwitterも上位にランクインしています。 以上のデータから見えてくる通り、動画媒体がタイでは非常に力を持っており、常に動画広告も何気なく見ていることになります。動画需要が増えるということはWEB動画広告がいかに大事になってくるかも見えてきます。 WEB動画広告の料金単価について では、実際に広告を打ってみたい!と思われたあなた。動画広告はいくらかかるかご存知ですか?動画広告はSNSによって課金の仕方が異なります。どのような課金システムがあるのか、重要な3つの単価についてご説明いたしま CPV(Cost Per View)広告視聴単価 CPVとは、Cost Per Viewの略語で、広告視聴/回に対するコストのことを意味します。動画が1回再生される度に課金されます。CPVの定義は媒体により異なり、○秒間以上見たら1回再生、最後まで動画を見たら1回再生扱いになるなど異なります。 例:100,000バーツの広告費用をかけて動画が10,000回再生されたとき、CPVは10バーツです。 CPM(Cost Per Mille)インプレッション単価 CPMとは、Cost Per Milleの略語で、広告掲載回数1,000回あたりにかかる料金のことです。 CPVとの違いは「再生回数」ではなく「表示回数」となります。 例:100,000バーツの広告費用をかけて、結果50,000回表示された時のCPMは2,000バーツです。 CPC(Cost Per Click)クリック単価 CPCとは、Cost Per Clickの略で、1クリックあたりの広告費用のことです。 広告がクリックされない限り料金は一切発生しません。 「広告費÷その広告のクリックされた数」で単価が出せます。 例:100,000バーツの広告費で10,000クリック獲得した場合のCPCは「10バーツ」です この3つの料金体系を踏まえて次の広告体系や費用を見てみましょう。 主な動画広告配信先の料金・費用 Youtube インストリーム広告(1):動画広告を30 秒以上視聴した場合および最後まで再生した場合に発生(CPV) インストリーム広告(2):上記の広告のリンクをクリックした場合に課金が発生(CPC) ディスカバリー広告:動画のサムネイルとテキストで構成されている広告(CPC) バンパー広告:インストリーム広告に類似。動画は6秒以内でスキップ不可(CPV) Facebook・Instagram 1,000回広告が表示される毎に料金が発生(CPM) 広告が1回クリックされる毎に料金が発生(CPC) 10秒再生される毎に課金が発生(CPV)(Twitterは6秒以上で課金が発生) Twitter …

タイで成功するSNS動画広告・WEB動画広告制作を!事例から学ぶ成功のポイントとは Read More »