タイで教育研修動画(E-Learning)制作なら

目次

教育研修動画とは

転職率が日本と比べて高いタイ。人の入れ替わりが激しい中で、教育という難題に悩まされることは多いかと思います。家族の都合や個人の都合など色々な理由で突如やめてしまうといったケースも少なくありません。会社のパフォーマンスを維持するには社員の教育はとても重要です。そんな重要な部分をマニュアル化した本はあっても、なかなか読んでいても理解も難しく眠たくなる。動画であれば、飽きさせることなく視覚、聴覚から学ぶことができ、教育者が退職してしまった場合や、教育を受けたばかりの新しい社員がすぐ辞めてしまった場合でも教育動画があることにより金銭的コストや時間的コストを削減させ、安定した教育の質を提供することが可能となります。

教育研修動画を作るべき理由・メリット

  • 安定した教育の質の提供
  • 教育コストの削減、業務効率化につながる
  • 理解がしやすい
  • いつでもどこからでも教育を受けられる

安定した教育の質の提供

テキストタイプのマニュアルを使用した場合、指導者によって教育にムラが生まれやすくなってしまいます。動画であれば属人化することなく一定の質を保った教育が可能です。また、字幕をつけることで他国への指導にも使えグローバル化の進む企業にとっては制作が一般的となっています。

教育コストを削減、業務効率化につながる

教育には指導者がいるというのが当たり前でした。職種によっては外部から講師を呼んだり、社内の人材リソースの時間を割いて教育にあたります。それらには時間的、金銭的コストが指導の度に発生します。動画を1度制作してしまえば、コストが都度発生することはなくなり長期的に見てコストダウンにつながります。また採用人数が多い場合や、転職率が高い場合でも、動画のURLを送るだけで済むので指導者にかかる時間的コストは発生しません。

理解しやすい

テキストより動画から情報を得るのが主流のタイ。テキストベースで資料を見せても眠くなってしまいます。(体験談)動画であれば視覚のみならず聴覚からも情報を得ることができるので飽きさせず直感的に学ぶことが可能です。また、動画であればテキストよりも表現の幅が広くその場で見せることが難しいデモンストレーションも動画として見せることが可能です。わからない部分は何度も動画を繰り返し見ることも可能です。

タイでの年間の読書量が3行と揶揄される中、テキストだけではなく動画での教育が必要不可欠と考えます。

いつでもどこからでも教育を受けられる

講師を呼ぶ、上司や先輩に指導をしてもらう。そんな時は会議室やどこか場所を借りて受講をするのが一般的でした。それらにもコストもかかり時間の調整も必要です。しかし、現代はスマートフォン1つでどこでもいつでも受講が可能な時代です。2020年よりコロナが世界的に拡散し、タイでも在宅勤務やソーシャルディスタンスを保った働き方が求められています。わざわざ出社せずとも自宅からでも学ぶことができるので今後の働き方、特に教育の部分に置いては必須になると考えます。

動画制作時に意識するポイント

行動変容を目指した動画設計を

企業における教育研修の目的は「行動変容」です。そのため、研修動画を見終わった後、受講者の行動変容につながるような内容をいかに設計するかが重要なポイントです。適切な情報を与えて気付きを促したり、ワークやディスカッションなど感情が動く体験を提供したり、自分の知識・能力・思考プロセスを振り返るポイントを作るなど、受講後の行動を後押しし実際の業務に活かせる環境を作ることが必要です。伝えたい内容をやみくもに動画にするのではなく、具体的な数値目標や受講後の到達点まで考慮した動画設計が求められます。もちろん、研修動画単体だけでなく、集合研修や研修後のフォローなどと組み合わせて最大の効果を目指すことが大切です。

教育効果を高めるプラスαの仕掛けを

動画教材を作成する際には、一方通行にならないような工夫が効果的です。たとえば、動画の途中にワークを入れて隣の人との意見交換をうながしたり、クイズや質問を設定して理解度を確認したりといった具合です。行動変容の項目でも触れたように、感情が動く体験があるかないかで研修の効果は大きく変わってきます。受講者に研修内容を自分事としてとらえ、考えさせる仕組みを組み込むことで、より研修効果を高めることができます。

研修動画の一コンテンツはより短く

研修動画は再生時間が短いものが主流となりつつあります。この背景のひとつはスマホの普及です。パソコンでもスマホでも研修を受けられるという環境からさらに進化し、最近ではスマホ受講を前提とした企業研修も増えています。こうした研修スタイルで使用される動画は、従来よりもぐっと短い 1~2 分程度の動画や、場合によっては 30秒程の非常に短いコンテンツが多用されているのが特徴です。
スマホ受講が前提でない研修の場合も、数分程度の短い動画が重宝される傾向にあります。短いコンテンツであればすきま時間にも受講がしやすく、結果的に受講率アップにつながるケースもあります。コンテンツ内容をよく吟味し、細分化して長くなりすぎない工夫をしましょう。

研修向きの動画例

  • 操作マニュアル
  • 社員研修

操作マニュアル

研修動画は操作マニュアルとしても多く使用されています。

操作マニュアルとして動画を活用することによって、 取り扱っている商品やサービスの特徴や使用方法などを実際に使用している例を用いてわかりやすく伝えることも可能です。

視覚的にわかりやすい動画にすることで、商品の組み立て方や使い方などを短時間でわかりやすく伝えることができます。
取り扱い説明書としてユーザーに配布する可能性もあるので、ユーザー目線にたってわかりやすく伝える動画制作を心がけましょう。

デジタルアーツ株式会社より引用

社員研修

研修動画は新入社員研修の場面で多く使用されています。

新入社員研修の時に動画を活用することによって、新入社員が入る度に、研修場所や講師の確保をする必要がなくなり、指導する社員の業務負担を減らすことができます。

動画制作のポイントとしては、重点的に説明しなければいけない箇所は正しい方法を伝えると同時に、NGなシーンも伝えることにより視聴者の理解を深め、印象付けることが可能になります。途中で飽きられてしまわないように、単調な動画ではなく最後まで興味を持ってもらえるようなシナリオ作りをしましょう。

株式会社LOCUSより引用

教育研修動画政策の価格表

教育研修動画の費用を安く抑えるには?

弊社が考える少しでもコストを抑える方法は下記の通りです。

1.伝えたいポイントに絞った内容を端的に

動画は多くの情報を短い時間の間で伝えることができる優れたツールです。ただ、情報が多すぎると聞き手も理解に追いつかず、制作にも余計にコストがかかります。台本を作り込み、伝えたいポイントを伝えていくことがコスト削減につながります。

2.出演者は自社で用意

出演者は自社の社員に出演いただくことで、外部のプロの役者を頼むよりコストは抑えられます。タイですのでタイ人の役者は多くいますが、日本語を話せる日本人となると数にかぎりがあります。単価も高いため自社で用意するのが最も安く抑えられる方法かと思います。

3,ロケ地は極力少なく

上記いたしましたが、移動は意外と手間がかかり無駄に時間を使ってしまいますので、大きな部屋でいくつかシーンを演出したりするのが得策かと思います。
どれも全て闇雲に削減すれば良いわけではなく、必要なのか、そうでないのかを見極めていくことが大事かと思います。

動画制作の流れについて

動画制作の流れは大きく分けてヒアリング→企画→撮影→編集の4ステップです。

動画制作会社に依頼するまでの流れについてはこちらの記事よりご確認ください。

また、動画制作時の注意点についてもご一読いただきますようお願いいたします。

の注意点は後々お見積もりにも大きく影響いたしますので、事前にしっかり確認することをお勧めいたします。

動画制作にお悩みの方へ。

弊社にお気軽にお問い合わせください!相談はもちろん無料です。制作していただければ弊社としてはすごく有り難いですが、まずはどんな形にしていくのか、方向性を決めたり、イメージに近い動画を探したりと一緒に動画制作をさせていただければ幸いです。

また、タイ・バンコクのみならず、チョンブリーやアユタヤ、パタヤ、プーケット、チェンマイ、その他県での撮影も承っております。飛行機で行く必要のある場合は、ZOOMなどでの打ち合わせを重ね、撮影の際に機材を持って向かいます。

また、弊社は単なる会社紹介動画の制作だけではなく、集客など目的に合わせた効果的な動画制作、運用方法、検索に強い動画SEOなど動画に関連する事業については幅広くご提案可能です。

動画制作・動画マーケティングでお困りの企業様は、お気軽に下記の「お問い合わせ」よりご相談ください。